ヒゲ脱毛体験キャンペーンを徹底解説!

2021.01.28

ヒゲ脱毛体験キャンペーンを徹底解説!

113 ビュー views

自分のヒゲが気になっていて、ヒゲ脱毛を考えている方、こんなこと思いませんか?

 

「そもそもヒゲ脱毛って具体的に何をするの?」

 

「どうやってサロンを選べばいいの?」

 

「がっつり脱毛しなくていいから、まずは体験だけでも出来るところないかな?」

 

この記事では、ヒゲ脱毛の基礎知識から、体験キャンペーンをやっているサロン&クリニックをご紹介します。

 

なんとなく気にはなっているけれど、一歩が踏み出せない人は、まずは

お試しキャンペーンを利用して、1,000円~10,000円でヒゲ脱毛を体験してみましょう。

 

そもそもヒゲ脱毛とは?

3種類のヒゲ脱毛の方法

サロンやクリニックで用いられているヒゲの脱毛には、

「光脱毛」「医療脱毛」「ニードル脱毛」の主に3つの方法があり、それぞれ効果を得るまでに脱毛の施術回数や期間が異なり、また金額が大きく異なります。

そのため、ヒゲの脱毛を始める前に、3つの脱毛方法の特徴やメリット・デメリットなどをしっかりと理解しておくことが重要です。

ヒゲ脱毛には3種類ある

3種類のヒゲ脱毛の比較(効果回数・費用・痛み)

3種類のヒゲ脱毛の種類を「脱毛完了後のイメージ」「費用」「期間」「通院回数」「施術時間」「痛み」で比較したのが下の表です。

将来的にヒゲを生やしたいと思う可能性がある方は「光脱毛」がおすすめです。

 

光脱毛 レーザー脱毛 ニードル脱毛
脱毛後 数カ月生えない 生えない 生えない
目安費用 20万円 25万円 50万円
目安期間 ~4年 ~2.5年 ~3.5年
通院回数 ~25回 ~15回 ~20回
施術時間 ~30分 ~30分 ~60分
痛み ほぼ無し 強い 非常に強い
施術場所 脱毛サロン 医療クリニック 医療クリニック

特に金額は脱毛方法によって大きく変わるのでよく確認しておきましょう。

ポイント

脱毛方法によって痛み、金額、期間が大きく違う

ヒゲ脱毛のサロン・クリニック選びはここに注意!

そもそもサロンと医療クリニックは何が違うのでしょうか?

一言でいうと、医療行為に該当する脱毛方法ができるのかできないのかという違いです。

 

医師がいるクリニックでは医療行為に該当する脱毛方法はできますが、医師がいないサロンでは医療行為に該当する脱毛方法はできません。

 

医療行為に該当する脱毛方法としては、レーザー脱毛やニードル脱毛などがあります。

つまりレーザー脱毛やニードル脱毛をしたいと考えた時点で、脱毛サロンは選択肢から外れてしまうのです。

ポイント

脱毛サロンでは「レーザー脱毛」「ニードル脱毛」は出来ない

サロン選びの際に気を付けるべき点とは?

サロンでは医療行為を行わないので、医師免許を持っていない個人でも開業が可能です。

なので、事前にHPや体験した人の口コミを見て下記5つの点に気を付けましょう。

①費用が医療脱毛より安く収まるか?

光脱毛は他脱毛方法と比較してリーズナブルですが、使用している機器次第では、

通院回数が多く、合計費用がクリニックと同等になるサロンがあります。

事前に費用と効果は確認を行う必要があります。

②機器の出力が弱すぎて効果が薄くないか?

こちらも使用している機器次第では効果が薄い場合もあります。

また、後日のクレームが来ないように意図的に出力を弱めている場合もあります。

確認方法が非常に難しいですが、口コミの収集や使用機具を事前に店舗に聞いておき、自分で調べることもよいでしょう。

③サポート体制が整っているか?

誰でも開業が出来るサロンだからこそ、サポート体制が整っていない場合があります。

・コース契約の回数が残っているのに閉店してしまった

・肌トラブルが起きても何の対応もしてくれない

上記のようなことが起きている事例もあるので、事前にHPや口コミを確認してサポート体制を確認しておきましょう。

④施術力は確かか?

脱毛サロンの施術スタッフは必ずしも資格を必要としていません。

なので、施術する店舗やスタッフによって、施術力に差が生まれます。

しっかりと知識を持って十分に経験を積んだうえで照射を行わなければ、肌トラブルを引き起こすような施術を行ってしまう危険性も。

入念にHPを確認し、信頼できると思える店舗を選ぶことが大切です。

⑤予約が取りやすいか?

ヒゲ脱毛はある程度の期間、脱毛店に通わなければなりません

そのため、次回の予約がとりやすいかどうかがとても重要なポイントです。

オプション料金同様に、こうした予約システムは、質問しなければ明かされないケースが多いため、以下の内容を事前に確認しておくようにしましょう。

・予約の方法や取り置き予約(複数回の予約をまとめてできる)の可否を確認する

・予約が混みあう曜日や時間帯を聞き、自分のライフスタイルと合うか確認する

ポイント

サロン選びの際は下記5点を事前にチェック!
・費用が医療脱毛より安く収まるか?
・機器の出力が弱すぎて効果が薄くないか?
・サポート体制が整っているか?
・施術力は確かか?
・予約が取りやすいか?

クリニック選びの際に気を付けるべき点とは?

①サポート体制が整っているか?

ヒゲ脱毛は肌が弱い人は肌荒れを引き起こす場合があります。

特にレーザー脱毛やニードル脱毛は、光脱毛と比較して、肌への刺激が強い為、通院後肌が荒れる可能性もあります。

個人差がありますが、予め肌荒れした場合に正しく対処してくれるサポート体制が整っているのか?は確認することをおすすめします。

②追加料金がかからないか?

痛みの強いレーザー脱毛、ニードル脱毛の為、中には事前に麻酔をしたい方もいらっしゃるかと思います。

その場合は事前にいくらかかるのか?を確認することをおすすめします。

通院回数×1回当たりの麻酔費用(平均3,000~5,000円)が施術費用に上乗せされるので

金額が想定よりも変わる可能性があります。

③機器の出力が弱すぎて効果が薄くないか?

レーザー脱毛では、光脱毛より効果が高いとされていますが、中には脱毛サロンの光脱毛と同じくらいの強さで照射するクリニックもあります。

効果重視で医療クリニックを選ぶ場合、出力が光脱毛と比較してどの程度強いのか?は事前に確認を行うことをおすすめします。

光脱毛と同じくらいの場合は、費用も高く効果も想定よりも少なくなるので、事前に医師の方に確認を行い、しっかり相談をしましょう。

④料金が高すぎないか?

やはりサロンと比較すると、1回当たり5万円程度高い場合がほとんどです。

1回当たりの費用と通院回数をしっかり確認して施術を行いましょう。

⑤予約が取りやすいか?

こちらはサロンと同様に、長期間通うので予約が取れるか?が非常に大事です。

従って、下記2点はマストで確認をしましょう。

・予約の方法や取り置き予約(複数回の予約をまとめてできる)の可否を確認する

・予約が混みあう曜日や時間帯を聞き、自分のライフスタイルと合うか確認する

ポイント

クリニック選びの際は下記5点を事前にチェック!
・サポート体制が整っているか?
・追加料金がかからないか?
・機器の出力が弱すぎて効果が薄くないか?
・料金が高すぎないか?
・予約が取りやすいか?

実際にヒゲ脱毛を行う際の注意点と体験談

ここからは実際にヒゲ脱毛を行う際の注意点と実際に体験をした人の体験談をご紹介します。

ヒゲ脱毛の際の注意点

①ヒゲ脱毛中は肌トラブルに注意

脱毛後、1日~2日は肌の腫れやヒリヒリ感、赤みなどが出る場合があります、

これは自然に収まるので問題無いのですが、下記のような症状も出る場合があります。

ひどくなりすぎる場合は、医師や専門医に処方箋を処方してもらいましょう。

毛嚢炎(もうのうえん)

 

ヒゲ脱毛後、2~3日してから脱毛箇所に白いニキビのようなものができることがあります。

 

これを毛嚢炎(もうのうえん)と言います。レーザーやフラッシュの熱によって毛穴に傷が付き、そこからバイ菌が侵入することで起きる炎症のことです。

 

脱毛後、肌を清潔に保つことで防ぐことが出来ます。

 

 

泥棒ヒゲ

 

『泥棒ヒゲ』はレーザーやフラッシュ脱毛を受けた後、一時的にヒゲが濃く見える現象のことです。

 

実際に濃くなっているのではなく、レーザーやフラッシュの熱によってヒゲが膨張し、一時的に肌表面のヒゲが濃くなったように見えてしまうのです。

 

1~2週間ほどでポロポロと抜け落ちていきます。なので、自然に抜け落ちるのを焦らずに待ちましょう。

 

このヒゲをピンセットで無理やり抜くことは毛穴を傷つけることになるので絶対NGです。

 

②脱毛中は肌のケアが必須

日焼け対策

 

日焼けはNGです。

 

火傷のリスクが高くなるだけでなく、脱毛中の痛みも感じやすくなります。

 

脱毛前後の期間は日焼け止めを塗ったりマスクを使用したりするなどして、対策することが望ましく、特に真夏は脱毛の期間を避けるように調整することが一番理想的です。

 

 

乾燥対策(保湿)

 

脱毛中は肌の水分が失われて乾燥しやすくなります。

 

肌が乾燥すると皮膚が硬くなってしまい、ヒゲが抜け落ちるのが遅くなります。

 

脱毛効果を落とさないためにも、保湿ローションや乳液、クリームをこまめに塗ることで、潤いを与えるようにしてください。

 

特にお風呂に入った後は乾燥をしやすいので必須です。

 

また肌が乾燥していると痛みも感じやすくなるので、痛み対策としても保湿を心がけましょう。

 

当日の過度な飲酒・激しい運動・入浴NG

 

脱毛当日の過度な飲酒や激しい運動、入浴は控えるようにしましょう。

 

アルコール摂取や運動によって血液の循環がよくなり、体温が上がってしまうと、脱毛部分の赤みやヒリヒリ感が増してしまう可能性があります。

 

また入浴やサウナも控えた方が良いです。

 

当日はシャワーにしておいて、脱毛部分をゴシゴシ洗ったり、タオルで過剰に刺激することは避けるようにしてください。

 

上述しましたが、お風呂上がりには保湿ローションや乳液、クリームを塗って保湿を心がけてください。

 

③脱毛しても永久にヒゲが生えないわけでは無い

数年かけて脱毛しても、数年後にヒゲが数本生えてきたり、うっすらと産毛のような細かい毛が生えてきたりすることがあります。

 

理由はホルモンバランスの変化などで、個人差もあります。

 

なので、完全にヒゲ脱毛しても今後絶対1本も生えないという訳でもないという事は理解することが必要です。

 

ただし、生えてくる毛は細い毛で、数も数本程度であることが多いので、見つけ次第剃ってあげるだけでよいかと思います。

④脱毛途中まだらにヒゲが生えることがある

レーザー脱毛や光脱毛の場合、脱毛途中は生え方がまだらになるケースがあります。

 

もちろん脱毛が進めば生え方は均一になり、どんどん薄くなってくるので、大きな問題ではないので、まだらに生えてきてもいつもと変わらず剃ってください。

⑤白髪ヒゲの人は光脱毛、レーザー脱毛が出来ないことが多い

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は毛のメラニン色素に反応させて、熱を伝える脱毛方法です。

 

ヒゲが白髪の場合はメラニン色素がないため脱毛出来ません。

 

過度な日焼けのケースはヒゲだけでなく黒い肌にも反応してしまい火傷のリスクがあります。

 

この場合はメンズエステのニードル脱毛か、クリニックの医療絶縁針脱毛を選択する必要があります。

 

ただ、一部では毛根のバルジ領域に直接照射する機器もあるので、全てのサロンで実施出来ないわけではありません。

 

⑥ヒゲを生やしたくても生やすことが出来ない

今はヒゲを無くしたいと思っているかもしれないですが、今後、気持ちの変化や付き合う人の変化、トレンドなどによっては、再びヒゲを生やしたいと思う時が来るかもしれません。

 

その場合、ヒゲ脱毛前のように生やすことは出来ないので、これは要注意です。

 

もし仮にその可能性がある場合は、光脱毛で、かつ通院回数も少なくし、ヒゲを薄くすることをおすすめします。

ポイント

ヒゲ脱毛では下記6点を気を付けよう!
・ヒゲ脱毛中は肌トラブルが起きやすい
・脱毛中は肌のケアが必須
・脱毛しても永久にヒゲが生えないわけでは無い
・脱毛途中まだらにヒゲが生えることがある
・白髪ヒゲの人は光脱毛、レーザー脱毛が出来ない
・ヒゲを生やしたくても生やすことが出来ない

ヒゲ脱毛の体験談

20代前半

年齢:27歳

種別:光脱毛

通院年数:1年

————————————————

元々は、ヒゲが濃いことで悩んでいました。
最初に通うきっかけとなったのは、新規キャンペーンで初回実施が格安で行えると聞き、とりあえず相談をしてみようと思ったことです。
現在は光脱毛で1年間ほど通っていますが、
ヒゲ自体はかなり薄くなりました。
ヒゲ剃り自体は、週に1回ほど軽くする程度で、
周りの目も気にならなくなりましたし、思っていたよりもヒゲが薄くなるのが早く、費用も当初の想定よりも3割くらい安くなっていてとても満足です。
ちなみに光脱毛なので、施術中の痛みはほとんど無いですが、最初は、脱毛後のヒリヒリ感が少し気になりました。

30代前半

年齢:32歳

種別:レーザー脱毛

通院年数:2年

————————————————

元々あまりヒゲは気にならなかったのですが、
毎日ヒゲを剃るのが面倒で、なんとなく検索して見つけたのが、ヒゲ脱毛でした。
ヒゲへのこだわりなどなかったので、
毎日の面倒な処理が無くなるのであれば、と思い開始しました。
手っ取り早い方が良いだろうと思い、
レーザー脱毛にしましたが、正直かなり痛いです。
ただ、ヒゲはほとんど生えてこず、
毎日の面倒なルーティングが無くなったので満足しています。

20代後半

年齢:25歳

種別:光脱毛

通院年数:半年

————————————————

前の彼女にヒゲが濃くて、無理と言われて振られたことがありました。
確かに人よりも少し濃くて青ヒゲが目立つので、それ以来少しコンプレックスのように感じており、思い切ってヒゲ脱毛を始めました。
想像以上に薄くなり、今では周りの目も気にならなくなりました。
僕の場合は、薄くすることが目的だったので、光脱毛で十分でした。
費用は少し高いですが、これで自分のコンプレックスが無くなるのであれば、満足です。
ただ、30歳以降、ヒゲを生やしたくなることもあるかなと思っているので、これくらいで辞めようと思っています。

サロンまたはクリニック選びの流れ

初めてのヒゲ脱毛のサロン、クリニックに行くまでの流れは下記のとおりです。

自分の理想とマッチするサロン、クリニックを見つけて申し込みをしましょう。

①永久脱毛をしたいのか、ヒゲを薄くしたいのかを決める

上述したように、ヒゲ脱毛は一回つるつるになるまで脱毛を行うと、将来生やしたいと思ったときに生やすことは出来ません。

ヒゲ脱毛を行おうとしている今の状況だけでなく、将来にわたってヒゲが不要かどうかをしっかり考えて、決断をしましょう。

勿論、無料カウンセリングで現在の状況から相談をすることも可能です。

②無料カウンセリング、体験キャンペーンのあるサロンorクリニックを見つける

自分の意思を確認したら、まずは無料でカウンセリングを受けられるサロンまたはクリニックを探しましょう。

実際に施術を受ける前には、体験キャンペーンを利用してそのサロンまたはクリニックのサポート内容、施術者の丁寧さなどを確認することをおすすめします。

 

③キャンペーンで脱毛できる部位と範囲、費用をチェックする

次はキャンペーンで施術可能な部位を確認しましょう、

あご下に首が含まれていない、もみあげに頬が含まれていないというのはよくあります。

HPや記事を調べても不明な場合は店舗へ行く前に、しっかりと調べておきましょう。

④店舗の雰囲気や施術の痛みをチェックする

店舗についたら、施術の効果もそうですが、店舗の雰囲気、痛みをよく確認しましょう。

何故なら、サロンの場合は15回~20回、クリニックの場合は10回~15回は店舗へ通う必要があります。

なので、継続して通えるサロンやクリニックを選択することが何よりも大切です。

特に、アクセスが良いか、痛みに耐えられるか、店舗の雰囲気が良いか、追加料金がかからないか(麻酔など)、予約が取りやすいか、を確認すると良いでしょう。

⑤脱毛完了までの総額費用、期間をチェックする

継続を考えていたけど、高くてコースを申し込めなかった、ということにならないように、

事前に金額感をしっかり把握することが必要です。

レーザー脱毛なら約10回、光脱毛なら約20回の費用を確認することがおすすめです。

ポイント

ヒゲ脱毛を申し込む前に行うべき5つのこと
・永久脱毛をしたいのか、ヒゲを薄くしたいのかを決める
・無料カウンセリング、体験キャンペーンのあるサロンorクリニックを見つける
・キャンペーンで脱毛できる部位と範囲、費用をチェックする
・店舗の雰囲気や施術の痛みをチェックする
・脱毛完了までの総額費用、期間をチェックする

ヒゲ脱毛の体験キャンペーンができるサロン&クリニックのご紹介

これまでヒゲ脱毛の基本についてご説明しましたが、

ここからヒゲ脱毛を実際に体験することが可能なサロン、クリニックをご紹介していきます。

体験キャンペーンができるサロン&クリニック一覧

体験キャンペーンの出来るサロン&クリニックをご紹介します。

 

体験メニュー 脱毛可能部位 体験料金
RINX 光脱毛1回分照射 or 人数限定70%OFF 頬、両もみあげ、鼻下、口下、あご、顎下、首 1,637円(税抜)
カウンセリング
メンズTBC 150本の美容電気脱毛 頬、もみあげ、あご、鼻下、口下、首、フェイスライン 1,000円(税込)
カウンセリング
湘南美容クリニック 医療レーザー脱毛1回分照射 上口ヒゲ、あご、あご下、額、うなじ 5,619円(税抜)
カウンセリング
KMクリニック 医療レーザー脱毛1回分照射 鼻下 5,000円(税抜)※初診料含む
カウンセリング
エルセーヌMEN 光脱毛1回分照射(30ショット) ハガキ2/3サイズならどこでもOK 3,000円(税抜)
カウンセリング
ダンディハウス 美容電気脱毛体験 鼻下、アゴ、アゴ下、頬、もみあげ、首、額 5,000円(税抜)
カウンセリング

 

各サロンの1回コースまたはトライアルの脱毛可能部位と料金

次に、体験キャンペーンは無いですが、1回コースやトライアルのあるサロン&クリニックをご紹介します。

店舗名 1回コースまたはトライアルの脱毛可能部位と料金
ゴリラクリニック 鼻下、あご下、あご、もみあげ、頬、首 10,000円(税抜)
メディエススキンクリニック 鼻下、あご、あご下、首、もみあげ 5,000円(税抜)
聖心美容クリニック 両頬、鼻下、あご、あご下、額 7,000円(税込)
Dr.COBA 口ヒゲ・顎ヒゲ・頬ヒゲ・顎下ヒゲ・首上 25,000円(税抜)
※無料カウンセリングでテスト照射あり

まとめ

ヒゲ脱毛はサロンやクリニックのお試しキャンペーンを利用すれば、1,000円~10,000円でヒゲ脱毛を体験することができます。

「店の雰囲気はどんな感じだろう」「ヒゲ脱毛の痛みってどれくらい?」と悩んでいる方は、

キャンペーンを活用してヒゲ脱毛を試してみることから始めましょう。

ポイント

まとめ
・ヒゲ脱毛には3種類の方法があるので自分に合った脱毛方法を選ぶ
・ヒゲ脱毛は数年単位で時間がかかるので、自分に合った店舗を選ぶ
・ヒゲ脱毛を考えるのであれば、一度無料カウンセリングや体験キャンペーンを利用してみる

この記事を書いた人

times

  • twitter
  • facebook
  • LINE

メンズタイムズとは

What’s Men’s Times?

「男のコンプレックス解決」をコンセプトに、全国のメンズ脱毛サロン・クリニック検索が出来る男性特化型メディアサイトです。
人気のヒゲ脱毛も、話題のVIO脱毛も、最寄りのサロン・クリニックをかんたんに見つけることができます。
気になる店舗やおすすめ・人気の脱毛サロン・クリニック・最新キャンペーンやクーポン情報を探せます。

北海道のサロンクリニックをエリアから探す
青森県のサロンクリニックをエリアから探す
岩手県のサロンクリニックをエリアから探す
宮城県のサロンクリニックをエリアから探す
秋田県のサロンクリニックをエリアから探す
山形県のサロンクリニックをエリアから探す
福島県のサロンクリニックをエリアから探す
茨城県のサロンクリニックをエリアから探す
栃木県のサロンクリニックをエリアから探す
群馬県のサロンクリニックをエリアから探す
埼玉県のサロンクリニックをエリアから探す
千葉県のサロンクリニックをエリアから探す
神奈川県のサロンクリニックをエリアから探す
新潟県のサロンクリニックをエリアから探す
富山県のサロンクリニックをエリアから探す
石川県のサロンクリニックをエリアから探す
福井県のサロンクリニックをエリアから探す
山梨県のサロンクリニックをエリアから探す
長野県のサロンクリニックをエリアから探す
岐阜県のサロンクリニックをエリアから探す
静岡県のサロンクリニックをエリアから探す
愛知県のサロンクリニックをエリアから探す
三重県のサロンクリニックをエリアから探す
滋賀県のサロンクリニックをエリアから探す
京都府のサロンクリニックをエリアから探す
兵庫県のサロンクリニックをエリアから探す
奈良県のサロンクリニックをエリアから探す
和歌山県のサロンクリニックをエリアから探す
鳥取県のサロンクリニックをエリアから探す
島根県のサロンクリニックをエリアから探す
岡山県のサロンクリニックをエリアから探す
広島県のサロンクリニックをエリアから探す
山口県のサロンクリニックをエリアから探す
徳島県のサロンクリニックをエリアから探す
香川県のサロンクリニックをエリアから探す
愛媛県のサロンクリニックをエリアから探す
高知県のサロンクリニックをエリアから探す
福岡県のサロンクリニックをエリアから探す
佐賀県のサロンクリニックをエリアから探す
長崎県のサロンクリニックをエリアから探す
熊本県のサロンクリニックをエリアから探す
大分県のサロンクリニックをエリアから探す
宮崎県のサロンクリニックをエリアから探す
鹿児島県のサロンクリニックをエリアから探す
沖縄県のサロンクリニックをエリアから探す
メンズタイムズ